神奈川県レスリング協会オフィシャルホ-ムペ-ジ

| HOME |

更新日 2016-04-25 | 作成日 2007-11-05

更新履歴

2016年度の関係書類を掲載しました(県高体連レスリング専門部

  • 年間計画、大会要項等

第1回神奈川県少年少女レスリング選手権春季横須賀大会について

  • 開催日:平成28年5月7日(土)
  • 開催場所:横須賀サブアリーナ[所在地/ 横須賀市不入斗町1-2 046-826-2800]
  • 個人戦開催クラス:幼児の部、小学生の部、中学生の部
  • 個人戦階級:開催要項を参照してください。なお計量を行います。
  • 団体戦:クラブ対抗団体戦を開催します(隣接地域との混合チーム編成を認める)。 
  • 団体戦階級:26kg/33kg/38kg/42kg/48kgの5階級
  • マット3面進行
  • 大会終了後表彰式で沖縄遠征代表を発表(予定)

LinkIcon大会要項

会長挨拶

神奈川県レスリング協会会長:
内閣官房副長官 齋藤 勁(さいとうつよし)

平成10年「かながわ・ゆめ国体」もお陰様を持ちまして、DSC_3042.JPG総合優勝という最高の形で幕を閉じることができました。これも神奈川県でレスリングに携わっている方々全員の思いが一つになった結果だと思います。厚くお礼を申し上げます。さて、神奈川のレスリングはこれで幕を閉じたわけではありません。これを踏み台にし、新たな気持ちでスタ-トを切り、協会の益々の発展とそして何よりも、レスリングを愛する大人が、レスリングに興味を抱く子供たちが一人でも多く 、、、、、という思いで、これからも情熱を注いでいく所存です。今後とも神奈川県レスリング協会をよろしくお願い申し上げます。


LinkIcon齋藤 勁(さいとうつよし)のホームページへ

管理人

今でさえ、もう当たり前のように利用しているコンピュータやメール、ホームページ上での情報収集。1998年の「かながわ・ゆめ国体」は、大会記録の伝達や処理を、初めてコンピュータによる運営を行った大会でもありました。それまではFAXにより記録を伝達していたものをメールに切り換え、また本部進行では、マクロや関数を使った処理技術を取り入れました。この地元・神奈川での国体が無かったら、コンピュータとは今でも無縁だったかもしれません。国体が終わり、少し余裕が出来てきた頃、「そうだ!協会でホームページを持てば、もしかしたらレスリングをやろう!と思う子供達が増えるかもしれない」そんな安易な単純なきっかけで、2000年1月1日の元旦の開設を目指しました。参考本を買いそろえ、専門用語との格闘の日々。マニュアルや取説を熟読することがあまり苦にならない性格は、この期間に鍛えられたのではないかと思っています。そして今では考えられないような高価だった機種を購入し、なんとか開設にこぎつけました。そー言えば、ミレニアムなんて言葉が飛び交い、コンピュータの誤作動なんてことも話題になっていましたね。勤務校に情報コースがあり、専門の教員がいたのも心強い味方でした。努力不足で更新不足。当初の”きっかけ”や目的にはまだほど遠い日々ですが、構想10年、開設8年が経ちました。閉鎖することがないよう、今後とも永く細く頑張っていきますので、宜しくお願い申し上げます。

このサイトの写真はクリックすると拡大します